株式会社エヌディエステレコムが提供するSEOゴールドマネー
お電話でのお問い合せはこちら!
0120-881-444 営業時間/平日 9:00~18:00
会社概要 個人情報の取り扱いについて 求人情報
ゴールドマネー ホーム SEO リスティング広告 ホームページ制作 お問い合わせ グローバルナビ

インターネット市場の動向について


前のページに戻る

主な情報通信機器の普及状況(世帯)

情報通信機器の普及が全体的に飽和状況の中、スマートフォン保有が急速に増加

平成24年末の情報通信機器の普及状況をみると、「携帯電話・PHS」及び「パソコン」の世帯普及率は、それぞれ94.5%、75.8%となっている。また、「携帯電話・PHS」の内数である「スマートフォン」は、49.5%(前年比20.2ポイント増)と急速に普及が進んでいる。
情報通信端末の世帯保有率の推移
情報通信機器の普及状況のグラフ

インターネットの利用状況

65歳以上のインターネット利用はおおむね増加傾向にあるが、世代や年収間の格差はいまだに存在

平成24年末における個人の世代別インターネット利用率は、13歳~49歳までは9割を超えているのに対し、60歳以上は大きく下落している。また、所属世帯年収別の利用率は、400万円以上で8割を超えており、所属世帯年収の低い区分との利用格差が存在している。 また、利用頻度でみると、家庭内及び家庭外ともに、6割以上が「毎日少なくとも1回」利用している。
属性別インターネット利用率及び利用頻度
属性別インターネット利用率及び利用頻度のグラフ

インターネットの利用目的

家庭内からの利用は、「電子メールの受発信」が63.2%と最も多い

インターネットの利用目的については、家庭内からの利用は、「電子メールの受発信」が63.2%と最も多く、次いで、「ホームページ(ウェブ)・ブログの閲覧」(62.6%)、「商品・サービスの購入・取引」(56.9%)となっている。また、世代別にみると、「ホームページ(ウェブ)・ブログの閲覧」、「電子メールの受発信」、「商品・サービスの購入・取引」については、それぞれの年代において20代~50代の利用が5割を超えている。
家庭内・家庭外からのインターネット利用の機能・サービス(個人)
家庭内・家庭外からのインターネット利用の機能・サービス(個人)のグラフ
世代別インターネット利用の機能・サービス(成人)
世代別インターネット利用の機能・サービス(成人)のグラフ
※本ページは、総務省「平成24年通信利用動向調査」を参照しています。
前のページに戻る
©goldmoney since 2006 福岡発!SEOのゴールドマネーは、株式会社エヌディエステレコムが提供しています。