株式会社エヌディエステレコムが提供するSEOゴールドマネー
お電話でのお問い合せはこちら!
0120-881-444 営業時間/平日 9:00~18:00
会社概要 個人情報の取り扱いについて 求人情報
ゴールドマネー ホーム SEO リスティング広告 ホームページ制作 お問い合わせ グローバルナビ

3つの法則と1つの戦略


前のページに戻る

パレートの法則

パレートの法則とは、経済において、全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという説。
80:20の法則、ばらつきの法則などと呼ばれることもあるが、本来は別のものである。イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレート(Vilfredo Federico Damaso Pareto)が発見した冪乗法則である。経済以外にも自然現象や社会現象等様々な事例に当て嵌められることが多い。
ただし現代で言われるパレートの法則の多くは、法則と言うよりもいわゆる経験則のたぐいである。自然現象や社会現象は決して平均的ではなく、ばらつきや偏りが存在し、それを集約すると一部が全体に大きな影響を持っていることが多い、というごく当たり前の現象をパレートの法則の名を借りて補強している場合が少なくない。
パレートの法則:2割の商品が大部分の売上を占める

ロングテールの法則

ロングテール部分 ロングテールは、オンライン小売店の一つであるAmazon.comを例に用いるとわかりやすい。
一般的に、ある特定の分野における売り上げは、上位の20%が全体の80%を占めるというべき乗の法則(あるいは、20と80に限ってはいないが パレートの法則)に従っているとされている。
今までのオフライン小売店では、在庫の制限などでこの上位20%に当たる商品を多く揃えなければならず、その他(80%)は軽視されることが多かった。しかしAmazon.comなどのオンライン小売店は、在庫や物流にかかるコストが従来の小売店と比べて遥かに少ないので、今まで見過ごされてきたこの80%をビジネス上に組み込むことが可能になり、そこからの売り上げを集積することにより、新たなビジネスモデルを生み出した。そのことを説明する時に使われるのが、ロングテールである。

ランチェスターの法則

ランチェスターの法則とは1914年に英人フレデリック・ランチェスターによって発表されたオペレーションズ・リサーチにおける戦闘の数理モデルである。
彼は自分が開発した戦闘機が戦争でいかなる成果をあげるのかに興味を持つ。研究した結果、兵力数と武器性能が一軍の戦闘力となり、敵軍に与える損害量を決めることを発見する。これがランチェスターの法則である。ランチェスターの法則は、第一・第二の二つから成り立つ。

ランチェスターの法則は、第一法則から弱者の戦略、第二法則から強者の戦略が導きだされる。
ここでいう強者とは市場地位が1位のものであり、それ以外は2位であっても弱者であると定義する。市場地位なので、地域・商品・流通(販路)・顧客の市場単位でとらえる。企業規模が大きいものが強者とは限らず、市場ごとに弱者と強者の立場は入れ替わる。
このように細分化して捉える理由は弱者と強者、この二つの立場の戦い方が全く異なるからである。すなわち弱者の基本戦略は「差別化戦略」、強者の戦略は同質化(ランチェスター戦略ではこれをミート戦略という)となる。そして弱者・強者にはそれぞれ5つの代表的な戦い方があり、これを5大戦法という。
5大戦法
弱者
強者
基本戦略
差別化戦略 ミート戦略
商品戦略
一点集中主義 総合主義
地域戦略
局地戦 広域戦
流通戦略
接近戦 遠隔戦
顧客戦略
一騎討ち戦 確率戦
戦法
陽動戦 誘導戦

ブルーオーシャン戦略

ブルーオーシャンのイメージ写真 競争の激しい既存市場を「レッド・オーシャン(赤い海、血で血を洗う競争の激しい領域)」とし、競争のない未開拓市場である「ブルー・オーシャン(青い海、競合相手のいない領域)」を切り開くべきだと説く。
そのためには、顧客にとってあまり重要ではない機能を「減らす」「取り除く」ことによって、企業と顧客の両方に対する価値を向上させる「バリューイノベーション」が必要だとしている。
前のページに戻る
©goldmoney since 2006 福岡発!SEOのゴールドマネーは、株式会社エヌディエステレコムが提供しています。